松田翔太が新ドラマ『名探偵の掟』で探偵役

松田翔太が探偵で新ドラマ お父さんを思い出す?



松田翔太が新ドラマは『名探偵の掟』で探偵役で主演します。4月から始まる新ドラマです。毎週金曜日・後11:15より放送します。



ワルボロ 特別限定版



ワルボロ 特別限定版



松田翔太と言えば、お父さんはあの松田優作です。松田優作といえば、『探偵物語』というドラマを思い出す人もいるかもしれませんね。テレビ局もそれを狙って、松田優作の息子の松田翔太に探偵ドラマの話を持って言ったのではないでしょうか。



どんなドラマになるのでしょうか?どうしても松田翔太ではなく、松田優作を思い起こしてしまうのですが。








★封入特典: 特製ブックレットリスペクト優作 松田優作 DVD−BOX 2007【初回限定生産】




(引用)



4月スタートの新ドラマ『名探偵の掟』(テレ朝系)で連ドラ初主演を務める松田翔太



 俳優の松田翔太が4月スタートの新ドラマ『名探偵の掟』(テレ朝系)で連ドラ初主演を務めることが3日(火)、同局より発表された。初主演作で推理ドラマの“お約束”をこき下ろしてしまう型破りな“探偵役”に挑む松田は、「アンチ王道というコンセプトに共感しています。何か新しいことをここで出来ると思い武者震いしています。掟破りのドラマをみせていきたいと思います」と意気込む。探偵ドラマといえば、父親で俳優の故・松田優作さんの代表作『探偵物語』(日テレ系)が有名。親子2代に渡って型破りな探偵を熱演する。



 同作は『容疑者Xの献身』で直木賞を受賞、ドラマ『ガリレオ』(フジ系)『流星の絆』(TBS系)など、人気ドラマの原作者として知られるミステリー作家・東野圭吾の同名小説が原作。本格推理の王道ともいえる、難事件を解決するのはもちろん、推理の世界を支える“お約束”の数々を徹底的に扱き下ろしてしまう禁断の“パロディー”ミステリー作品だ。主人公・天下一大五郎に扮する松田は、古今東西のミステリーに精通しながら、“ご都合主義”“時代遅れ”と批判されることに、異常なまでの恐怖心を抱いている変わり者の探偵を演じる。



 原作者の東野は「何を出しても売れなかった頃、やけくそで書いたのが本書だ。読者に一泡吹かせてやろうと思い、小説のルールはすべて無視した」と原作執筆時の心境を振り返り、テレビ化については「このたびの映像化には本当に驚いている。無理じゃないか、と今でも半信半疑だ。テレビドラマのルールをどれだけ無視できるか。そこに注目している」と期待を寄せている。



 また同番組のプロデューサー・関拓也氏は「何をやってもカッコいい松田翔太クンが、周りからイジられまくる名探偵(?)をどう演じるのか。そもそも、本格ミステリーの裏側を大暴露するドラマなど、本当に放送していいのか!? チャレンジフルな作品にしたいと思うのでご期待ください!」と自信を覗かせる。同局はこれまでに、『トリック』や『時効警察』など、新ジャンルの推理ドラマを生み出してきただけに、新たな実験的な作品にファンならずとも期待が高まる。



 新ドラマ『名探偵の掟』は4月より毎週金曜日・後11:15よりテレビ朝日系にて放送開始。



3月4日6時30分配信 オリコン


















取って置きの情報



薄毛や抜け毛には育毛剤?お探しの方は、スカルプDやM-1がお薦めです。



スカルプD 激安 |


M-1 通販 |


M-1 ミスト 通販 |


スカルプD 激安 |


育毛剤 |



お得情報



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。